Coupe du Monde de la Pâtisserie 2023

 
Coupe du Monde de la Pâtisserie
日本代表、優勝おめでとうございます!!
 
Coupe du Monde de la Pâtisserie(クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー)は、世界各国のパティシエたちが国別対抗で技術を競う大会。
今年は現地時間1月20日、21日にわたってフランス中部のリヨン近郊で開催され、日本代表が優勝しました。
16年ぶり3度目の優勝とのことで、嬉しいニュースです🎌😆
 
 

   
www.youtube.com

1:21:50あたりから、日本代表チームの紹介になります。
 
洋菓子で世界トップクラスのフランス、イタリアを凌いだというのも、すごい✨✨
 
ドイツに来てから気づいた(というか改めて実感した)ことの一つが、
日本のお菓子が「世界の中でも素晴らしく」
繊細で美味しいこと。
 
和洋問わず、日本人が生み出すお菓子の繊細さ、美しさ、味の深みは、
どれを取っても世界に誇れると思います。
 
先日お友達の家で、ドイツ在住のパティシエが作ったショートケーキ🍰をいただいたのですが、本当に感動的な美味しさ!!
わざわざ事前に予約オーダーしてくれていたみたいで、
お友達の気遣いがありがたい🙌
 
口のなかでほろほろと溶けていく繊細な甘さ
脂っこくないふわふわのスポンジケーキ
なめらかで甘さ控えめな生クリーム
甘さを引き立たせる苺🍓・・・・・
どれも完璧なコンビネーションで、「これこそ、ケーキだよね!!😍✨」
と、夢中で食べてしまいました。
 
ちなみに、ドイツの伝統的なお菓子といえば、
(地域にもよりますが)
Apfelstrudel アプフェルシュトュルーデル
甘く煮た林檎を薄い生地(シュトュルーデル生地)で包んだもの。
アップルパイの変化形(?)のようなもので、シナモンも利いています。
アイスクリームやホイップクリームと一緒に出されることが多いです。
 

        

        (以下、写真はすべてWikipediaより引用)
 
・Baumkuchen バウムクーヘン

        

 

・Schwarzwälder Kirschtorte キルシュトルテ
「黒い森のさくらんぼ酒ケーキ」という意味。
シュヴァルツヴァルト地方の特産品であるさくらんぼ酒を使用したケーキ。
さくらんぼ酒が入っているので、リキュール感が強め。
よく製菓で使われるラム酒とも香りや風味が違います。
 

         

 
・Lebkuchen レープクーヘン
蜂蜜や香辛料、フルーツピール、ナッツ類を用いて作られる、
いわゆるジンジャーブレッド。クリスマスによく食べられます。

         

 
・Stollen シュトレン
伝統的にクリスマスで食べられるフルーツケーキ。
ドライフルーツやスパイスが練りこまれていて、お店によって少しずつ
味が違います。
外側は砂糖でコーティングされていて、洋酒入りとなしのタイプがあります。
 

         

 

などなど。
 
大体どれもとても甘いです😣(シュトレンとレープクーヘンは別)
ただでさえ濃厚なチョコレートタルトに甘さたっぷりのホイップクリームが
載っていたり、特にタルト系のケーキは甘すぎ&大きすぎて、完食すると
かなりお腹いっぱいになります💦
 
あくまで、個人的な感想です。
 
移民の多い国でもあるので、トルコ人が経営するケーキショップなどもあります。
砂糖は、お酒が禁じられているイスラム教徒にとっても数少ない嗜好品なので、
トルコ系のショップのお菓子も基本的には、重厚感のあるしっかりした甘さ。
 
トルコの伝統的なお菓子、baklava(バクラヴァ)もピスタチオを用いたシロップ漬けのお菓子で、ねっとりと濃厚な甘いお菓子です。
 

        

 
一応言っておきますが、決してドイツのお菓子が不味いわけではありません!🤣
 
最近はヨーロッパで活躍されている日本人のPâtissier&Pâtissièreの方々もたくさん
いて、本当に尊敬します。
 
 
日本の感性溢れる繊細なお菓子がもっと世界に広まりますように✨👏

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村

 

教室でのある日の出来事

 
今日、とうとう語学学校の先生が授業中にキレました。
クラスメイトの一人に向かって、「もう我慢の限界だ!今すぐ教室から出ていけ!👹」と。
 
注意されたロシア人のクラスメイト🧑は、フレンドリーでいつも明るいムードメーカーだけれど、とにかくおしゃべり。
 
普段なら先生がやさしく諫めて授業が進行するのですが、今日だけは違った・・・🙀
 
「君はどうしてそんなにずっと喋り続けるんだ、少しは口を閉じられないのか!君のせいで授業が進まないんだぞ」
 
と怒涛のように言われ、彼の方もやってられるか!と逆ギレして教室を出ていってしまい、残された私たちは一同沈黙😨😨😨
その後粛々と授業は進み、気まずい空気のまま終了。
 
結局、授業の終わりまで彼が入り口で立って待っていて、
(珍しくしおらしくなって)先生に謝罪してくれたので
なんとか事なきを得ました。よかった🙌
 
 
語学学校のチョイスの問題かもしれないけれど、
クラスに一人はおしゃべりな人っていますよね💦
 
 
前のクラスで知り合ったスロベニア人🧔も授業中おしゃべりで
よく注意されていたし、
今回のロシア人も、他のクラスメイトの話を遮ってでも
横から口出ししてくる、正直面倒なタイプ😓
 
私も、授業の邪魔するなよ💢って思ったときは時々あったけど、
温厚そうな先生がこんなにキレるとは予想外でした。
 
 
後で彼に聞いたところ、先生に怒られたあと、学校を辞めると親に電話したら、
逆にあなたが悪いのだから謝ってきなさいとひどく叱られたそう。
まるで反抗期の中学生・・・・
 
それでも、今回の件の前から授業には不満が溜まってるから、
今期だけはとりあえず我慢するけど、来期は絶対に取らない!
はっきり言ってました。
 
私も今のドイツ人の先生は、授業の進め方や生徒との接し方が
あまりプロらしくないところがあるので、その点は同感。
他のクラスメイトも同じ意見で、事務局にクレーム言ってくると
言っていた人もいました。
 
果たして、先生との相性が悪いのか、学校との相性が悪いのか?😅
 
少なくとも、クラスメイトとはスムーズに仲良くなれたのが幸い✨
休むことがあっても、宿題の箇所を連絡しあったり、休み時間に
それぞれの母国の話を聞いたり、今のところ楽しい時間を過ごせています。
 
いずれにせよ、ゲーテの試験を受けることが直近の目標なので、
しがみついてでも頑張らないと📚🖋️

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村

 

ファスナー問題

 
こんにちは、ibuです😊
 
私がドイツで買ったベッドカバーには、ファスナーがついていません。
たぶん安いのを買ったからか、足下の口部分で何カ所かボタンで留める仕様になっています。
 
お店によっては、ボタンがついていないものもありましたし、ちゃんとファスナー式のものもありました。
 
例えば、こちらはMaison du Mondeのベッドカバーで、ボタンで留めるタイプ。
 
IKEAでは、ボタン式でなくホック式のものもあります。

IKEAのベッドカバー。こちらはホックで留めるタイプ。
 
洋服やバッグのファスナーしかり、クッションカバーや
諸々の製品に付いているファスナーしかり・・・・
ドイツだけでなく、ヨーロッパで買う商品についているファスナーは
やっぱり値段相応なのかなと思います。
 
某ファストファッションで買ったパーカーは、
買った当初からファスナーが触ると少し痛いし
タグを見たら、東欧製でした)
ソファ用のクッションカバーも、
安い物ほど洗うたびにどんどん嚙み合わせが悪くなるし、
とにかく小さな不満が溜まりがち😑
 
ベッドカバーに関しては、商品説明にmit Reißverschlussto(ジッパー付き)
と表記されていれば、ファスナーがついているタイプ。
でもサイドではなく足下についていたり、開閉するためのつまみがついていなかったり、ちょっとずつ日本と仕様が違います。
 
つまみ部分がついていないのは、ファスナーの引っかけ防止のためだそう。
確かにドイツの洗濯機で万が一引っかかったら、他の洗濯物が大変なことになりそう💦
 
日本では当たり前だと思っていたのですが、
やっぱりYKKさんのファスナーの使いやすさは世界一だと実感しました✨
 
オンラインショッピングをすることも増えてきましたが、
やはりちゃんと説明を見て買わないといけないですね😓

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村

流行語大賞 2022とgoblin mode

年末年始の騒がしい花火のあとは、一転して静かで穏やかな日常に戻り、通りにはセールを狙って買い物している人が増えてきました。

 

日本のニュースやテレビ番組を観なくなってしまい、日本国内の流行にすっかり疎くなってしまいました💦

 

(今さらながらですが)2022年12月に発表された、ユーキャン新語・流行語大賞は、「村神様」だそう。

 

他にも、「キーウ」「きつねダンス」「国葬儀」「宗教2世」「知らんけど」「悪い円安」など。

「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞 (jiyu.co.jp)

 

また、国語辞典などで有名な三省堂書店が発表している「今年の新語」は以下のとおり。

 

三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2022」 (sanseido-publ.co.jp)

 

             

 

 

「タイパ」(タイムパフォーマンス)が大賞ということで、

限られた時間をより効率的に使いたいという意識が表れているような気がしますね。

 

職場で後輩とネットフリックスのドラマの話題で盛り上がることもしばしばあるのですが、「倍速で観ている」「流し観てストーリーだけ追っている」という話もよく聞きました。

友人が韓流好きなので、話題についていくために、おおよその筋書きだけ見ておくのだとか。

 

スポーツでいうと、実況中継を観ないでハイライト特集で満足する、といったところでしょうか。

 

それだと「この場面のあのセリフがよかったよね」みたいに内容に深く共感できないような気がしますが、本当に好きなものだけは通常モードで、繰り返し観ているようです。

 

 

一方で、イギリスのオックスフォード英語辞典が選んだ2022年の流行語は

「ゴブリン・モード」(Goblin mode)

 

 ‘Goblin mode’: new Oxford word of the year speaks to the times | Language | The Guardian

 

今年の単語は「ゴブリン・モード」 初の一般投票で=オックスフォード英語辞典 - BBCニュース

 

「恥ずかしげもなく自分勝手で、怠惰で、ずぼらで、貪欲な行動」を指すスラングだそう。

 

「ゴブリン」ってワード自体、指輪物語などのファンタジー小説でしか見かけたことなかったので、こういうスラングがあること自体、知りませんでした😅

自分を甘やかすという意味ではCheat dayに近いかな?と思いますが、もっと怠惰で悪いことというニュアンスが含まれているようです。

 

BBCのニュース記事で、

 

"It's a relief to acknowledge that we're not always the idealized, curated selves that we're encouraged to present on our Instagram and TikTok feeds.”

Oxford word of the year 2022 revealed as 'goblin mode' - BBC News

 

とありますが、確かに、インスタグラムやTik Tok上のいわゆる「キラキラした」投稿やストーリーをよく見かけます。

 

普段見ている分には楽しいですが、特に自分のメンタルが落ち込んでいるときにはかえって悪影響なので、私はあえて見ないようにしています✋

 

特に駐妻さんのSNSアカウントは、世界中を旅行したり、お洒落なカフェでランチしていたり、とにかくキラキラ&リア充感のある投稿が多いです。

日本にいた時は、コロナ禍で旅行にほとんど行けていなかったので、映える投稿を見ては「羨ましいな~」と思って眺めていました。

 

でも、それもきっとあくまで生活の一部分。

SNS上の断片的な情報だけで、見せていない部分では家事や子育て、ほかにも色々な壁(とくに言葉の面)に奮闘したりしていたのだろうな、と思えるようになりました。

 

個人的には、インスタグラムの「現実を生きるリカちゃん」(@licca_real)が好きです。

 

      

 

一人暮らしのOLさんの生活が絶妙に再現されていて、なかなかにシュールです👏

 

       

これこそ、in goblin modeですね😆

 

自分の怠惰な部分も受け入れつつ、メリハリをつけて目標に向かって一歩ずつ前進していかないとですね✨

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村

Heilige Drei Könige:東方の三賢人

 
ドイツに来て初めてカレンダーを新調しました。
今日の部分が赤字になっていたので「お、祝日だ✨」と喜んだのもつかの間、よくよく確認したら、NRW州(ノルトライン=ヴェストファーレン州)は対象ではありませんでした。
 
州ごとに祝日が異なると、こういう時に不便ですね😂
 
学校の休暇なども州ごとに少しずつ違うので、書店などで売られている手帳には、必ずSchulferienの予定が一覧表になっています。
私が購入した手帳には、スイスとオーストリアの学校の休暇予定一覧もありました。
 
       
 
さて、今日は何の祝日だったかと言うと、
Heilige Drei Könige(東方の三聖王)の日
 
「東方の三博士」「東方の三賢者」と言われたりもします。
 
新約聖書に登場する人物で、イエス・キリストが誕生した時にベツレヘムの星に導かれてイエスのもとにやってきた人たちで、占星術の学者たちとされています。
三聖王は聖母マリアの元に生まれたイエスを拝み、三つの贈り物(乳香、没薬、黄金)を捧げたとされています。
 
贈り物の数から人数は3人と推定されてはいるものの、聖書には具体的な記載がないので、詳細は不明。
 

キリスト教圏でクリスマスの季節になると、イエス・キリストが生誕したときの様子を再現した馬小屋の模型が飾られています。

ドイツ各所のクリスマスマーケットでも、たくさん見かけました🏰🎄

聖母マリアがイエス・キリストを抱きかかえている姿が一般的ですが、贈り物を携えた三聖王の人形が飾られていることも多いです。

 

この博士、賢者と訳されている言葉「magoi」(複数形)がラテン語化した言葉がmagiで、英語のmagicの由来でもあります💫

 

最近の授業では、先生が「これは英語由来で~」「ラテン語から派生して~」といった由来を丁寧に説明してくれるので、文法と宿題の多さに疲れた自分としては、飽きずに面白く聞けて楽しいです。

 

ヨーロッパの地名もラテン語や他言語を起源としたものもあるので、言葉の由来をちゃんと知ってから旅行に行くとさらに楽しみが増えそうですね😊

 

ところで、デュッセルドルフでは祝日ではないので、いつもどおりの通常運転ですが、祝日になっている州では何かお祝いをするのでしょうか?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村

Dönarとトルコ料理

 
今年最後の授業の後のランチはDönarでした🥙
語学学校のドイツ人の先生にトルコ料理が好きだっと言ったら、
「どうして??日本料理の方がずっと美しくて素晴らしいのに。どうしてトルコ料理なんかがいいの?」
と驚かれました。
 
初めてイスタンブールで食べたトルコ料理に感動して、何度も旅行に行ってたほどトルコ好きな私としては、
「ケバブにも色んな種類があるし、サバサンドとかストゥラッチとかDönar以外にも美味しい食べ物がトルコにたくさんあるんです!」
 
と説明はしたものの、私のドイツ語力では十分に伝えきれず、もやもやした最後の授業でした。
 

よく買いに行くお店のDönar。
お肉も野菜もたっぷり入ってボリューム満点。
冷静に考えると、彼の方が「移民」としてのトルコ人をたくさんこれまで見てきている訳で、
 
おそらく
彼にとっては「ドイツに来ている移民の出身地」というフィルターが、
私にとっては「東洋の美食の国」というフィルターが、
かかっているのだと思う。
 
どちらが正しいのか、間違っているのかという答えもたぶん出てこないと思う。
 
前のクラスの先生はそんな反応はしなかったので、人にもよるのかも。
東欧出身のクラスメイトが「確かに美味しいよね!僕も好きだよ!」と言ってくれたのが嬉しかった✨
 
ポテトとソーセージよりもDönarの方が栄養バランスも良さそうなんだけどなぁ。
 
ドイツに来てから、めっきり海鮮を食べる機会が減ってしまったので、サバサンドが無性に食べたくなりました。

トルコのストリートフード、サバサンド

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村

 

今週のお題「ビフォーアフター」:渡独して変わったこと、変えたこと

 

今週のお題は「ビフォーアフター」ということで、ドイツに引越して変わったこと、変えたことを、まとめてみました。

 
🏡休日の過ごし方
・(仕事のストレス発散も兼ねて)街で買い物かヨガ教室に行く
・しばしばご褒美ランチもしくはディナー🍽️🍣
↓↓↓
・外食に出かける頻度が激減(近くに美味しいレストランが少ない or 高い)
・ライン川沿いや自然の中を散歩してリフレッシュ
・(日曜日はレストランやキオスクくらいしか開いていないので)土曜日までに食料まとめ買い🛒(車🚗必須)
 
🍳お料理
・平日の食事は休日まとめて作り置きか、レトルト類(繁忙期)、冷凍食品も併用
↓↓↓
・基本的に手作り、パンやケーキはオーブンで焼く
(日本食スーパーでレトルト食品は買えるけど高い)
・冷凍食品は味濃いめ、塩分高めなのであまり買わなくなる(※)
・地元産の野菜が美味しい。塩・胡椒・オリーブオイルだけでサラダにできる美味しさ。
・量り売りのお肉🍖やチーズ🧀を買うのが楽しくなる。
※冷凍ピザを買うこともあります。大きくて食べ応えあって美味しいです。
 
🍰お菓子
・ケーキ、チョコ、和菓子など、デパ地下に行けばなんでも買える(お取り寄せ含む)
↓↓↓
・基本的に和菓子はない(もしくは手作り)、大手メーカーのお煎餅もやや高め
・リンツのお店が至る所にあるので、リンドールファンには天国(日本にはないフレーバーもあり)
・ケーキは大きい&甘すぎるので、そんなに食べなくなる😑(せめてチーズケーキ※)
・たまにフランス風菓子を見つけてはテンション上がる💕
・繊細で優しい甘さを欲してやまなくなる。
※チーズケーキは甘さ控えめ、さっぱりめでおすすめです。大体どこで食べても外れないです。
 
 
🏰街中で
・通りすがりの人にあまり話しかけない、挨拶しないことが多い
↓↓↓ 
・通りすがりの人でも、遠慮なく声をかけて聞く
・名前を知らなくても、よく会う人なら道端で雑談
たぶんご近所の人だと思っている)
・お店の場合は入店&退店時に挨拶必須
・通りすがりに目が合ったらウインクされることもしばしば(何故?)
 
🛁スキンケア
・化粧水、保湿クリーム類が基本セット。たまに美容クリームも。
↓↓↓
・硬水なので、拭き取り用化粧水に変更(今まであまり使ってなかった)
・最近は氷点下にもなるので、オイルなどしっとりめの保湿に変更
(べたべたするのは好きじゃないけど、止む無し)
🚂交通機関
・電車移動時に(座れたら)疲れていると、つい居眠りしてしまうときも
・新幹線🚅で駅弁を食べるのが楽しみ。
↓↓↓
・防犯上眠れない(特に長距離列車)
・特に国鉄(Deutsche Bahn)は遅延が日常茶飯事なので、予定通りたどり着けるのか常に不安🚦
・車内では水(かコーヒー☕)とパン🥨が基本。車内の乾燥も相まって、さらにのどが渇く。
 
📺ニュース
・テレビ、ネットニュース等々、まずは日本語サイトで観てから英語サイトを観る
↓↓↓
・(日本のYahooニュースが観られないこともあり)英語サイト中心に観るようになる。国によっても報道の仕方が違って面白い。
 
 
書き出したらまだまだたくさんありますが、良かったこと、がっかりしたところそれぞれあって、まさに一長一短。
どちらも前向きに捉えて、一日一日を楽しめるようにしていきたいと思います😊
 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村